農村地域の豊かさ

2015/7/12(日)は、同じ大入集落の
井口さんちの新居完成披露party。

私は、誰もいない
10:45から
新居入りし刺し盛作り。

巨大コロ鯛1尾
巨大スズキ1尾
ヤリイカ2杯で
刺し盛を4皿作り、
アオアジ4尾で
アジのたたきを3皿作り。

さらには、
余った食材で
アオアジの白子のつまみ
ヤリイカのゲソとエンペラと小松菜の炒め物
を作りました。

そしたら
軍鶏が運び込まれ、

f:id:kab-log:20150712140830j:plain


わが家で
軍鶏をしめ、毛抜きし

f:id:kab-log:20150712140948j:plain

f:id:kab-log:20150712141952j:plain

f:id:kab-log:20150712143330j:plain


捌き
軍鶏のたたきと
レバ刺し
ズリ刺し
ハツ刺し
を作り
気が付けば4時間ぶっ続けで
料理していました。

f:id:kab-log:20161111165618j:plain

もしかしたら
残酷と思われるかもしれません。

しかし、これが農村地域です。

お金をかけずに
庭にある、山にいる、海にある
資源を活用し
最高の食材を準備し、
仲間のために
お祝いのために腕をふるいます。

そうすれば
いくらお金をかけても
食べれないような料理ができます。

これが農村地域の豊かさです。

軍鶏のたたきと
レバ刺し
ズリ刺し
ハツ刺し
食べたのなんて、人生初です。

f:id:kab-log:20150712160336j:plain