ゴカイ採り

ウチの集落では
船を持っていることが
特別ではなく
普通だ。

私だって
船舶免許は持っている。
しかし、船がなければ
その免許は
何の意味もない。

 

ということで、
昨年の集落の花見の際
「船釣り、
 連れて行って下さいよ~」
とお願いしてみたら
「よし、やろう」
ということになって
昨年から
大入西二組キス釣り大会&大宴会
がスタート。

今年もやろうということになって
今年は
会場は我が家。

 

そうすると女衆が集まって
集合時間や
役割分担を決めはじめ…

 

男衆は
前日(今日)から
集合し
エサとなるゴカイを採り…

その姿を
子どもたちが眺めていて。

f:id:kab-log:20170213055129j:plain

ゴカイは敏感で
ドタドタと走り回ると
潜ってしまうのだという。

だから、
ドタドタする
子どもたちは
川に降ろせない。

でも、
そんなパパたちの姿を
ずーっと見ていて
おとちゃん、とらちゃんは
「降りたい、降りたい」
という。

で、ある程度
ゴカイの量が確保できたので
おとちゃん
とらちゃんを
川に降ろした。

 

とらちゃんのために
モロクマさんが
わざわざ掘ってくれた。

 

とらちゃんは
大喜びで
ゴカイを探した。

 

そんなとらを見ながら
モロクマさんが言う。

 

「トラ、
 お前は、大入の主になれ。
 この川のコトを知り尽くせ。
 僕の川です、
 って言うくらいになれ」

 

すっげー、感動した。

 

さて、
明日は5:30起床で
タープや
テーブルや
椅子を配置し
漁協に氷を買いに行き
7:00から魚釣りです。