絵本ではなく本に

次々作を手がけて頂いている
編集者からメールが届いた。

 

「ご連絡が遅くなってすみません。
 いろいろ、悩みました。
 それで、来週どこかでご相談したく、
 20日~22日の間でお時間いただけますか」

 

ガーン…

 

一番に
頭をよぎったのは
せっかく出版の確約を取り付けたけど
やっぱり吟味したら
NGでした的な、みたいな…

いじめ、差別
日韓問題…
いろんな問題を含んでるからな。
仕方ないか…

 

で、何を言われても良いように
覚悟を決めて
もしダメなら
次の手も考えながら
出版社を訪れ…

 

ノックして
応接の机に案内され
すぐに机の上に置かれたのは
組まれたゲラ。

!!!

f:id:kab-log:20170218095119j:plain

パラパラとめくって驚いた。

 

本になってる!

 

いや、ゲラだから
本になってるのは
当たり前なんだけど
私は子どもに読んで欲しいので
絵本を提案した。

 

だけど、
編集者さんは
「この本は絵本コーナーに置きたくない」
と言う。

 

一般書に並べて
大人が買って
「子どもにも読ませたい!」
ってなる感じ。

 

だから、絵本じゃなく本にします!

!!!

 

「いろいろ悩みました」
ってそのことだったんだ(笑)

新年度が始まるまでに
出版できると思います。

 


さぁ、今から次々々作の
原稿書き。

今日はノリノリで書く!!!