読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡県農林水産祭り

今日は福岡県農林水産祭り。

自分のふがいなさと
仲間のありがたさと
自分がこれまで
やってきたことを
実感できる日となった。

 

そもそものオファーは
「野外ステージで一人で一時間のトークライブ」
だった。
気軽に引き受けたものの
打ち合わせをしていると
不安が募ってくる。

 

野外なので
プロジェクターは使えない。
一人で
素話だけで
一時間のトーク
で、お客さんを感動させる。
笑わせ、泣かせる。

 

ムリ。。。

 

で、泣きついたのがmonさん。
monさんの歌があれば
感動を作れる。

で、打ち合わせ中に
FBメッセージし、出演OKをもらった。

 

で、打ち合わせをしていると
午後のキャラ弁ステージの話になり
「高田先生一人じゃ1時間素話はキツイんじゃない?」
となり、
「俺、コーディネーターするよ。
 あ、片淵親方がいれば盛り上がるかも?」
と、打ち合わせ中に
FBメッセージし、出演OKをもらった。

 

で、今日のステージができあがった。

 

この選択はよかった。

一人であのステージに立っていたかと思うと
ゾッとする。

 

午前のステージは
日本一の精華女子高校のマーチングの後。
それが終わると
さーっとお客さんがいなくなる。
午後のステージは
mikiファニの後。
大勢客席にいた、パパ・ママ・ジジ・ババが
さーっといなくなる。

 

いつもの講演なら
「待っている」感があるのに
「終わった、終わった」感(涙)。

 

そこにいてくれたのが
仲間だった。

 

あたたかく聞いてくれて
あたたかく笑ってくれて
あたたく頷いてくれた。

 

いつもの講演とは
ほど遠い、支離滅裂な展開を
しめてくれるのが
monさんの歌
片淵親方、高田先生のお話だった。

 

ステージの後、
ステージ裏で
みんなが集まってくれて
自分のふがいなさと
仲間のありがたさを実感した。

f:id:kab-log:20170221154814j:plain

大感謝。

出番が終わって
いろんなブースを巡っていると
たくさん声をかけられて
たくさん買わされた(笑)

 

これまで一緒に仕事してきた
県庁の職員
各地のJAの方
各地の農家の方。

 

自分がこれまで
やってきたことを
実感できる日となった。

 

大感謝。