読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳井君

東京からの帰り
飛行機を降りると
ボーディング・ブリッジの出口のトコロに
一人の男性が立っていて
コチラを見ている。

 

「柳井君!」
「ゴーシ、機内で見かけたから待ってたよ」

 

柳井君は高校時代の同級生で
成績がすごくよく
早稲田の指定校推薦の枠を争った。
(はず。20年も前のことなので
 記憶が不確かだけれど)

 

『自立学』でも書いたけど
当時の私は、成績、急降下中。
しかも、推薦でいち早く決めて
受験勉強から解放されたい
なんてナメた考えの私は
箸にも棒にもかからず。

 

そう言う意味で
当時の私は、
勝手にライバル視。

 

そんな柳井君と20年ぶりに再会。

 

歩きながら近況報告し
「飛行機はもっぱらJAL。だって稲盛和夫さんを尊敬しているから…」
という話になり
「俺も、大好き。本もほぼ全部読んでるよ~」
「ゴーシも盛和塾入ればいいのに~」
「え、柳井君、入ってるの~」
「そうだよ。みんなの前で直接、叱られたこともある(笑)」
「なんて叱られたの?」

 

と、歩きながら
稲盛フィロソフィーをレクチャーしてもらった。

 

やっぱり、社長の話
経営者の話は面白い。

 

で、今度、飲もうと約束し
9/25(水)に日程が決定。

 

柳井君のリクエストで
「糸島豚が食べたい」とのこと。

 

もう、いっそのこと
直接、一貴山牧場に連れて行こうかと考えたけど
そうすると飲めなくなるので
ホテル・ニューオータニ
カステリアン・ルームの
山口シェフに糸島豚を仕入れてもらい
腕をふるってもらうことにした。

 

柳井君は
ステキなお友達を紹介してくれるという。

ステキな学びと出会いの場になりそうだ。

 

再会に感謝。
出会いに感謝。

※高校時代の柳井君との写真は当然、手元にないので
 かわりに、高校時代の同級生が送ってくれた写真。

f:id:kab-log:20170222041502j:plain