亀仙人に行った

今日は島根県雲南市の中学校で講演。

f:id:kab-log:20170212205035j:plain

今年から挑戦している
Q&Aだけで90分を組み立てる講演。

今日もやりました。

特にこの中学校は
弁当の日を4年前から
年5回もやってて
一昨年は竹下和男先生
昨年は内田美智子先生をお呼びしています。

もう、私が話すことは何もない(笑)

 

ちょっとした仕掛けをして
会場の雰囲気を作り上げ
堂々と質問するって格好いいことなんだ
っていう価値観を作り上げ…

 

そうすると
みんな、胸を張って
堂々と質問してくれました。

 

先生方が
「え、あの子がみんなの前で立って質問?」
というような子も。

 

一人、
立ってから、すごく質問までに
時間がかかる子がいました。
待ちました。
相当長い時間待ちました。

 

私も待ちましたし
お友達も先生もみんな待ちました。
そして、彼は
「将来の…夢は何ですか?」
と質問してくれました。

 

実は彼は、昨年まで
特別支援学級に在籍していたそうなのです。
でも、ちゃんと質問してくれました。

 

校長先生が「信じられない!」と言っていました。
信じて任せる
やるまで、できるまで待つ。
弁当の日の真価はそこにあります。

 

質問の内容は
「今の仕事についたきっかけは?」
とか
「中学生の僕が今やるべきことは何ですか?」
なんて、
まぁ、よく聞かれる質問が多かったのですが
最高の質問がこれ。


「僕は亀が大好きで、亀を飼っているのですが
 先生は何か動物に対して思い入れがありますか?」

 

普通に正直に答えれば
「ないです」
で終わるのかも知れないけど
Q&A形式の真骨頂はココ。

 

この質問に対して
どんなメッセージを送るかが問われます。

 

今日の私の回答は

「亀について特段の思い入れはないけれど
 亀仙人には思い入れがあります」

亀仙人の修行を題材に
人生の戦闘力を高める修行は
日々の暮らしの中にある
って話をしました。

 

感動していたのは
生徒より先生(笑)

 

「どれだけ引き出しがあるんですか!!!」って。

 

その後、漫画ネタに火がつき
ワンピースを題材にした
仲間論も展開し…

 

語ったこともないことを語れて
本当に楽しくて、学びの多い一日でした。

 

今日の出会いに感謝。