えりこ

水揚げは
「えりこ」と呼ばれる女性陣が
選別し、箱詰めし、トラックに乗せていく。

名前が全員「えりこ」なわけではなく
多分「選り子」、選別する人の意だ。

水揚げしていると
網すれして商品にならない魚
そして雑魚があがってくる。

お楽しみは
水揚げのが終わった後だ。

f:id:kab-log:20170410110551j:plain

えりこさんたちは
それらの魚を人数、8人分に分けていくが
当然、均等分できるはずがない。

 

だから、
Aにはウチワエビ3つ
Bには巨大コチ
Cにはアオナと月日貝
という形で、絶妙な感覚でバランスをとっていく。

 

こうしてジャンケンなのだ。
これがえりこさんのたちの楽しみであり
最大の盛り上がりポイント。


そして、「アレが欲しい」と
事前に指を指してしまうと
ジャンケンに必ず負けるという
鐘崎の都市伝説があるのだ。