共進丸の水揚げ

共進丸の水揚げ。

f:id:kab-log:20170410110127j:plain

私が布団の中で温々と寝ていた頃、
こうちゃんをはじめ漁師の皆さんは
風速14mの寒風に吹かれ
波しぶきをかぶりながら
夕方の17:30から朝まで、
不眠不休で漁をしていた。

 

ご飯だって、
出航してすぐ16:00頃、
(彼らにとっての)朝ご飯を食べ
夜、漁の合間を縫って
昼ご飯を食べようとしたら
漁が始まってしまい、食べれず。

 

そうして朝まで漁。

 

昨日は風も波を強く
風にあおられた漁師が転んですべっていき
船から落ちかけた。


ギリギリで船にしがみつくことができた。

 

そのときは網を張っていたから
もし落ちたとしても
助けにいけない。

 

「もし落ちとったら
 死んどったろうね」

と大笑いしている。

 

「死」と隣り合わせが
日常の会話だ。

 

 

そんな漁をして
運搬船が8:30に港に帰ってきた。
私からすれば
大漁に見えるけど
少ないという。

 

何よりも安い。

 

このブリ一尾、
出荷すると500円くらいにしかならないという。

 

漁師さんが命がけで
捕ってきてくれた魚。

 

 

ありがたく、適正価格を払っていただきましょう。