魚・漁業

伝統文化におけるクレジット論

今日は福吉の神幸祭。 まず、朝9:00から大入で行列。行列はその後白山神社へ。 それから海で漁船のパレード。(ミアレ祭と同じ) その後パパ友の一人が厄年で家で「厄払い接待」をするとのこと。 申し訳ないなぁなんて思いながらお伺いしました。 そしたらす…

台所生物学

今日の午前は、福吉幼稚園のファミリーデー(参観日)。 午後の卒園児BBQ大会。その合間を縫って夕食準備のため福ふくの里に買い出しに行くと丸体のアナゴが一尾だけありました。 調理不可(福ふくの里では捌きませんよ)なので、巨大なのだけれど650円。 と…

ゴーシ先生の「お魚さばきかた講座」

3/28(火)、29(水)はゴーシ先生のお客様感謝デー。 この1年、お世話になった方々に感謝の気持ちを込め精一杯、喜んでもらおう楽しんでもらう2日間。 そのために、年休とりました(笑)。 まずは、中井さん、ママ塾メンバーへの感謝。中井さんからの依頼…

『鐘崎のイケメン漁師こうちゃんと一緒にこうちゃんのとった天然トラフグを食べる会』

毎年恒例『鐘崎のイケメン漁師 こうちゃんと一緒に こうちゃんのとった 天然トラフグを食べる会』。 去年の様子。 www.goshisato1973.info 今年は、少人数で。 天然トラフグづくし。 日本一の志を持ったイケメン漁師 こうチャンネル①

おとちゃんの語彙力

先日、ユーザー感性学の「自然環境価値形成論」という授業のオリエンテーションで受講生に「どんなことに関心がある?」と聞いてみました。 一人の学生が「自然豊かな環境、都市部の環境で 子どもの感性にどんな差が生じるか」と答えました。 私からしても非…

鐘崎のイケメン漁師こうちゃんと一緒にこうちゃんのとった天然トラフグを食べる会

昨晩は、毎年恒例の 『鐘崎のイケメン漁師 こうちゃんと一緒に こうちゃんのとった 天然トラフグを食べる会』。 あり得ない天然トラフグづくし。 そしてあり得ない参加者。 いつもテレビ等でお世話になっている方に声をかけさせていただきました。 局横断で…

ミアレ祭

鐘崎のミアレ祭。 7年ぶりの参加。 「海賊王に俺はなる!」的「海の暴走族」的ミアレ祭。 朝から前が見えないほどの土砂降りかつ暴風警報が発令される中さすが鐘崎の漁師はそんなことものともせずに出航。 最盛期に比べ(しかも悪天候のため)ミアレ祭に参…

ヒジキ採り

昨日、おとちゃん、とらちゃんを連れて散歩していると隣のおじちゃんが「明日は、16:00よ!」って教えてくれる。 干潮の時間である。 この時期わが家の周りでは極上のヒジキやワカメが採れる。 漁業権があるので採ってはいけないのだが入浜権があるので「地…

漁業問題

大漁のブリが水揚げされる。でも数は少ないし、値段が安いという。 漁に出ても赤字になる。 「じゃぁ、出なけりゃいいじゃん」 という訳にはいかない。 社員(乗り子、選り子、ドライバー、等々)の給与を払わなければならない。 これが経営者の責任だ。だか…

えりこ

水揚げは「えりこ」と呼ばれる女性陣が選別し、箱詰めし、トラックに乗せていく。 名前が全員「えりこ」なわけではなく多分「選り子」、選別する人の意だ。 水揚げしていると網すれして商品にならない魚そして雑魚があがってくる。 お楽しみは水揚げのが終わ…

恵比寿祭り

運搬船は、こうして何度も漁場と港を往復して捕った魚を運搬する。 本船は、港に帰ってこない。今日は沖の島に泊まるのだという。 鐘崎に帰ってきたメンバーで恵比寿祭りだという。 私も、その様子を見せてもらおうと朝7:00に家を出る。 8:20に鐘崎に到着し…

共進丸の水揚げ

共進丸の水揚げ。 私が布団の中で温々と寝ていた頃、こうちゃんをはじめ漁師の皆さんは風速14mの寒風に吹かれ波しぶきをかぶりながら夕方の17:30から朝まで、不眠不休で漁をしていた。 ご飯だって、出航してすぐ16:00頃、(彼らにとっての)朝ご飯を食べ夜、…